1. home
  2. ブログ
  3. 読み物
  4. 2日目のパンがお家で焼き立...

読み物

2日目のパンがお家で焼き立てパンに復活!「パンの温め方(焼き直し方)」基本編

リベイクスタッフ
リベイクスタッフ




皆さんはおうちでパンを食べるときに焼き直していますか?

実は、焼き直しのやり方によっておいしさが180度変わるといっていいほどパンにとって「焼き直しは重要です。

「お店で焼き立てのパンを食べたときはおいしいかったけど、お家で食べるとなんか違う・・・」

といったことが起きるのは、焼き直しの方法に原因があります。


今回は、バゲットカンパーニュなどのハード系パンをまるで「窯から出てきた状態」に復活させる「焼き直し」方法をお教えします!



【準備するもの】

・サランラップ or ポリ袋

・電子レンジ

・トースター or 魚焼きグリル


【手順】

⓪(凍っている場合)自然解凍

①食べる分だけカット

②ラップをする

③電子レンジで20秒

④トースターを予熱

⑤予熱済みのトースターで3分焼く

⑥食べやすいサイズにスライス


⓪ (冷凍の場合)パンを自然解凍します

パンが冷凍されている場合、自然解凍をして置きます。

朝に食べる分は、前日夜に冷凍庫から出しておくのがベストです。


すぐにパンを解凍したい場合は、水分が飛ぶのを防ぐためにラップや袋のまま電子レンジで30秒程度温めます。

この時、温めすぎると固くなってしまうため、15秒ずつくらいの感覚でこまめにパンを確認すると、温めすぎを防止できます。



①食べる分だけカット


まずはパンを食べる分だけカットします。このときについ食べやすいサイズにスライスしたくなりますが、ぐっとこらえます。

先にスライスしないことで、トースト中でも中の水分の蒸発を防ぎ、焼き立てのようなモチモチ食感になるのです!

逆に先にスライスしてしまうと、ラスクのようにカリカリになってしまいます。



②ラップをします


カットしたパンにラップをします。ラップをすることでパンの水分の蒸発を防いでくれます。

※ラップがない場合はポリ袋でも大丈夫です。



③電子レンジで20秒(600W)温めます


ラップに包んだパンをレンジ強(600W)で20秒温めます。

(小さいパンの場合は15秒程度)



④チンを待っている間にトースターを予熱します


チンを待っている間にトースターを予熱しておきます。ワット数を選べる場合は最大のものを選んで下さい。

※トースターがない場合は魚焼きグリルでも問題ありません。


なぜ予熱するの?
トースト中はパンの水分がどんどん蒸発してしまうので、できるだけトースト時間を短くするためです



チン♪(レンジが終わったら・・・)



⑤予熱済みのトースターで3分(1000W) / 4分(750W)焼きます


予熱しておいたトースターで3分(1000W) / 4分(750W)程度焼きます。

トースターで焼くことでパンの表面が焼き立てのように「ガリッ」とします♪


※魚焼きグリルの場合、片面1分ずつ、焦げに注意しながら焼きます。



⑥最後に、食べやすいサイズにスライスします


やけどしない程度に冷ましてから、食べやすいサイズにスライスします。



⑦完成


表面は「ガリッ」、中は「モチモチ」の焼き立てのパンに生まれ変わります。

ここまでが、基本のハード系パンの焼き方です。


とにかく水分を意識してみなさんも素敵なリベイク(焼き直し)を!

Let's rebake!



【その他のパンの温め方はこちら】

クロワッサンのお家での温め方

ベーグルの焼き方(温め方)

クリームパンのおいしい温め方

カレーパンのおうちでの温め方



rebakeってどんなサービス

お取り寄せパン

お気に入りのパンを見つけよう